DRAMLAD & Co. グレンマレイ 2008-2022 14 年 バレル 49.5%

DRAMLAD & Co. グレンマレイ 2008-2022 14 年 バレル 49.5%

プロフェッショナルテイスティングチームが厳選した特別なウイスキー

ドラムラッドテイスティングチームが蒸溜所のハウススタイルを体現する良質な樽を真摯に選び出してリリースするコアレンジ「The One Dram Selection 」より、グレンマレイ 2008-2022 14 年バレル 49.5% がリリース。

スペイサイドの中心地エルギンに建つ Glen Moray 蒸溜所は1897年に設立。オーナーが何度も変わりましたが、グレンモーレンジ社からLVMH 社が所有していた時代の原酒は地味ながらも愛好家には高い評価を受けていた蒸溜所です。

今回セレクトした Glen Moray は、バーボン・バレルの14年熟成で、LVMHがラ・マルティニケーズに売却する2008年蒸留。現在の多彩なオフィシャルボトルの根底に流れるGlen Morayらしさと、伝統的なスペイサイドモルトらしさの両面をあわせ持つ複雑な香味が魅力です。

ラベルには Glen Moray 蒸溜所があるエルギンの街並みよりサウスストリートの風景が採用されています。街の風景とともに伝統的なフレーバーと飲むほどに印象が変わる複雑さをぜひお愉しみください。

香り

クリアで複雑なエステル香。シャルドネを思わせる白ワイン様の香りから、マジパンやシュトーレンの甘さが軽やかに広がり、乾いたオーク材、ハニートースト、その奥に干し草と微かなジンジャー感。

味わい

滑らかで繊細な口当たり。フレッシュなオークと淡い粉砂糖に包まれたハッサクやライム、オレンジピール、プレーンなクラッカー。甘さ控え目ながらもモルティ―な香味もあり、飲むほどに印象が変わる複雑さを持つ。

フィニッシュ

ライトでシャープなキレ上がり。レモングラスやライムの皮の青いほろ苦さ、ジンジャーのスパイス感が舌に乗り、かすかなバタートースト、最後にバニラと木屑のような埃っぽい木香が残る。

 

商品概要

「グレンマレイ 2008-2022 14 年バレル 49.5%」

  • 蒸溜年:2008年
  • 瓶詰年:2022年
  • 熟成年数:14年
  • 度数:49.5%
  • カスク:バレル #5363
  • 本数:211本(内6本を『BAR TIMES SELECT 』で販売)
  • 希望小売価格:18,150円(税込)

1月26日(木)より順次出荷いたします。 

コラムに戻る