残った白ワイン+カシスリキュールで「キール」

残った白ワイン+カシスリキュールで「キール」

余った白ワインをカクテルにアレンジしてみました。
今回はカシスリキュールを加えた「キール」というカクテルです。

 「キール」の誕生は、第2次世界大戦後まもなく、フランスのブルゴーニュ地方にある都市のフェリックス・キール市長が発案したカクテルと言われています。大戦により多く国の経済が疲弊し、ブルゴーニュ産ワインの輸出にも影響が出ていました。そこでキール市長は、地元特産のアリゴテ種の白ワインとルジェ社のカシスリキュールを使ったカクテルの普及に努めました。やがて市長の名がカクテル名となったのです。もともとこのレシピは、戦前か同じくブルゴーニュ地方の特産品であるカシスと白ワインを合わせたカクテルを考案しました。市の歓迎会で提供することで、その魅力を外へアピールしたそうです。ちなみに、白ワインをシャンパンに替えると「キール・ロワイヤル」になります。

 今回使用する白ワインは『キンタ・ラス・カブラス シャルドネ』。チリワインです。チリワインは、スーパーやコンビニなどでお手軽な価格で手に入るデイリーワインが多く、しかも美味しい!!
中でもこの『キンタ・ラス・カブラス』は、顔? ヒツジの角? が描かれたラベルが印象的で、軽い口当たりとフルーティな飲み口で、結構愛飲しています。

ではさっそくつくっていきます!

キールのつくり方

材料は白ワインとカシスリキュールのみ。
まず、カシスリキュールを30mlグラスに注ぎます。
ワイングラスではなく、ちょっと気分を変えてフルートグラスにしました。

続いて、白ワインを150ml。白ワインとカシスリキュールの割合は5:1がベストです。

軽くかき混ぜたら、あっという間に「キール」が完成!! すごく簡単です。

カシスリキュールを30ml。
ちょっと優雅な気分が味わえるフルートグラスでつくります。
白ワインを150ml注ぎます。
軽くかき混ぜて、完成です!

さっそく乾杯! キールのお味は?

さっそく飲んでみます。何にもおつまみがありませんが、ひとまず『乾杯♪』。

もっとサラッとした飲み口かと思いきや、意外に重みのある感じです。思ったほど甘くなく、きちんと白ワインのフルーティーさや酸味も感じます。

美味しいです。

『キンタ・ラス・カブラス』の特徴なのかちょっと分かりませんが、カシスの甘味が作用しているのか苦味を感じました。甘〜いカクテルを想像していましたが、意外です。

これなら食後のカクテルとしてチーズと楽しんでも良さそうです。
何より色味がキレイなのがいいですね。

とても簡単なので、ぜひ「キール」をお試しください!

レシピ

  • 白ワイン:150ml
  • カシスリキュール:30ml

記事でご紹介したグラス

コラムに戻る
  • エンピリカル

    エンピリカル

    コペンハーゲンの世界的に有名なレストラン「noma(ノーマ)」。そのノーマ出身の2人のクリエイターが創り出したスピリッツが「エンピリカル」です。日本の麹菌を使い、自ら手がけたベーススピリッツを軸に、様々なフレーバーを組み合わせてつくるエンピリカルは、ジンやウオッカなど既存のカテゴリーには収まらず、「エンピリカル」という独自のカテゴリーをつくりました。今や、世界の名だたるバーやレストランに導入され、その人気は止まる所を知りません。  

  • シンガニ

    シンガニ

    シンガニとは、中南米のボリビアを代表するブドウ由来のスピリッツです。ボリビアの特定の地域でとれたマスカット・オブ・アレキサンドリアからつくられた蒸溜酒のみを指し、原産地名保護の対象にもなっています。爽やかな口当たりと、華やかに広がるマスカットの香りが特徴です。日本では2020年に人気ブランドのひとつ「Los Parrales(ロス パラレス)」が初上陸。現在では、​​CASA REAL(カーサレアル)、Rujero(ルフェロ)が流通しています。 

  • ザ・ジャパニーズ リキュール

    ザ・ジャパニーズ リキュール

    国内外のバーテンダーが絶賛した初の国産ビターズ「ザ・ジャパニーズ ビターズ」を開発した株式会社JCCエージェントが、2年の歳月をかけて誕生させた純国産のリキュール。コンセプトは、“ハイボールのための国産リキュール”。リキュールによくある「甘い」「合成的な味」「使い方がわからない」といったイメージを払拭し、より使いやすくヘルシーなリキュールの開発を目指し、リキュールの再定義をしています。 

  • ビターズ

    ビターズ

    ビターズとはハーブやスパイス、樹皮、精油など様々な素材をお酒に漬け込んでつくるリキュールです。その名の通り、強い苦味と香りが特徴で元々胃薬として使われていました。そのため、苦味酒や苦味剤とも呼ばれています。リキュールと言ってもそのまま飲むのではなく、カクテルに数滴加えて苦味や香りをつけるために使います。お酒の味わいを引き立て、風味をプラスし、色合いを良くするためにも使われ、カクテルの名脇役としての立ち位置を確立しています。 

  • ボトルドカクテル

    ボトルドカクテル

    ボトルドカクテルとは、その名の通りボトルに詰めたカクテルのこと。プロのバーテンダーがつくったカクテルを自宅にいながらにして楽しめるとあって、ここ最近日本でも注目が高まっています。ボトルドカクテルの魅力は、バーテンダーが得意とするそれぞれのスペシャリテをじっくりと味わえる点。すでに完成されたカクテルですが、ソーダ割りにするなど自由にアレンジして新しい楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。 

  • イタリアンリキュール

    イタリアンリキュール

    イタリアのリキュールといえば、薬草系のほろ苦いカンパリやオレンジが爽やかなアペロール、アーモンドの香りに似たアマレットなどが有名ですが、その他にも様々なリキュールがあります。中には、ティラミスやチーズケーキなどデザート感覚で味わえるリキュールもあり、食後酒として楽しめるものも。また、レモンを用いて作られるナポリ発祥のリモンチェッロや漢方薬にも使われるリコリス(甘草)のリキュールなど多岐にわたります。 

  • ドラムラッド

    ドラムラッド

    日本を代表するテイスティングチームによって厳選されたウイスキーを提供するプライベートブランド・カンパニー 。過去のリリース商品は全て即日完売となっています。ドラムラッドのリリース商品は、膨大な樽の中から厳選されたサンプルを豊富な経験とスキルを持つテイスティングチームによって入念にテイスティングされ、官能評価のみならず、市場の傾向、発売時期、価格帯、地域別の嗜好の違いに至るまで多角的なディスカッションを繰り返して決定されています。