『BAR ル・ヴェール』の佇まい −マナーとルールとカクテルと−

『BAR ル・ヴェール』の佇まい −マナーとルールとカクテルと−

『BAR ル・ヴェール』の佇まい −マナーとルールとカクテルと−

 帝国ホテルで23年、銀座で独立し12年、故郷の秋田に移り8年。様々な客の姿を見続けてきたバーテンダー 佐藤謙一氏が、バーにおけるマナーとルールについて書き下ろした指南書とも言える一冊。「多く人が集まる公共の場には必ずマナーとルールがあり、バーもその例外ではない」と語る佐藤氏の店の入り口には、ドアを引く手が思わず止まる看板が掲げられています。(現在、BAR ル・ヴェールは佐藤謙一氏の最後の弟子である伊藤秀晃が継承しています。)

ドレスコードがある街のバー

当店には男女ともにドレス・コードのルールがありますの文字が。街のバーにドレス・コードを設ける意味とは、紳士淑女が集う大人の社交場にあるべき姿とは・・・。それについて、著者の佐藤氏は次のように説明しています。

私がドレス・コードに拘るのは、酔う為に飲む酒でなく、己を律することで酒を心豊かに愉しんで戴きたいと思うことからです。ル・ヴェールのお客様達がドレス・コードを遵守して愉しんでいる場に、ドレス・コードにそぐわない服装で来店するお客様がおりますと、店内の雰囲気が異様に変わってしまいますし、お客様達もそんな店じゃない筈と、その空気感と違和感で困惑するでしょう。  勿論、その様なお客様には事由を伝えてお帰り戴きますが、ドレス・コードがあることを理解されてご来店くださるお客様方に、不愉快な思いをさせたくないために、またご常連客を守るためにも、ドレス・コードは必要不可欠なのです。(本文抜粋)

バーを利用する側として少し耳の痛い話もありますが、“バーでの暗黙のルールを理解し、楽しい時間を過ごしてもらいたい”という著者の深い愛情が詰まった一冊です。

また、『酒の注文について』の章では、【こんな注文をする人は、来店戴かなくても結構】と題し、次のようなマナーを挙げています。

・「何でもいいよ」「適当に出してくれれば良いよ」
・「私のイメージでつくって」
・「このお店のお勧めは何ですか」

さらに、『カウンターでしてはいけない事』として、次のようなマナーも説いています。

・注文したら、カクテルが出される前に席を立たない
・飲み物を作っているバーテンダーに、話しかけない
・美味しい? 不味い? などと言い合うな
・乾杯で、グラスを合わせない
・バーで寝るな
・カウンターには、手以外は置かぬこと
・バーの備品は、勝手に触らない

などなど、この見出しを見て思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。ついやってしまいがちですが、こられらのルールには納得の理由がありました。オーセンティックバーをスマートに楽しむ心得として、一読する価値ありの指南書です。

重鎮バーテンダーがつくる凛とした背筋の伸びるカクテル

 

 本書では、佐藤氏のつくるスタンダードカクテルとオリジナルカクテルを31点収録しています。詳細なレシピやつくり方、エピソードなども丁寧に書かれ、想像するだけで飲んでみたい衝動に駆られます。中でも帝国ホテルで叩き上げた正統派のクラシックカクテルは、どれも凛とした佇まいで、思わず背筋が伸びる一杯です。

 

■著者紹介

佐藤 謙一(さとう けんいち)

1974年 東京・日比谷の帝国ホテルに入社後、23年間バーテンダーとして従事。1997年 オーナーバーテンダーとして銀座6丁目に「BAR ル・ヴェール」をオープン。2009年に故郷秋田の川反にて「ル・ヴェール」の営業を再開。著書に『バーテンダーの美学-酒場の方程式-』(たる出版)などがある。

コラムに戻る
  • エンピリカル

    エンピリカル

    コペンハーゲンの世界的に有名なレストラン「noma(ノーマ)」。そのノーマ出身の2人のクリエイターが創り出したスピリッツが「エンピリカル」です。日本の麹菌を使い、自ら手がけたベーススピリッツを軸に、様々なフレーバーを組み合わせてつくるエンピリカルは、ジンやウオッカなど既存のカテゴリーには収まらず、「エンピリカル」という独自のカテゴリーをつくりました。今や、世界の名だたるバーやレストランに導入され、その人気は止まる所を知りません。  

  • シンガニ

    シンガニ

    シンガニとは、中南米のボリビアを代表するブドウ由来のスピリッツです。ボリビアの特定の地域でとれたマスカット・オブ・アレキサンドリアからつくられた蒸溜酒のみを指し、原産地名保護の対象にもなっています。爽やかな口当たりと、華やかに広がるマスカットの香りが特徴です。日本では2020年に人気ブランドのひとつ「Los Parrales(ロス パラレス)」が初上陸。現在では、​​CASA REAL(カーサレアル)、Rujero(ルフェロ)が流通しています。 

  • ザ・ジャパニーズ リキュール

    ザ・ジャパニーズ リキュール

    国内外のバーテンダーが絶賛した初の国産ビターズ「ザ・ジャパニーズ ビターズ」を開発した株式会社JCCエージェントが、2年の歳月をかけて誕生させた純国産のリキュール。コンセプトは、“ハイボールのための国産リキュール”。リキュールによくある「甘い」「合成的な味」「使い方がわからない」といったイメージを払拭し、より使いやすくヘルシーなリキュールの開発を目指し、リキュールの再定義をしています。 

  • ビターズ

    ビターズ

    ビターズとはハーブやスパイス、樹皮、精油など様々な素材をお酒に漬け込んでつくるリキュールです。その名の通り、強い苦味と香りが特徴で元々胃薬として使われていました。そのため、苦味酒や苦味剤とも呼ばれています。リキュールと言ってもそのまま飲むのではなく、カクテルに数滴加えて苦味や香りをつけるために使います。お酒の味わいを引き立て、風味をプラスし、色合いを良くするためにも使われ、カクテルの名脇役としての立ち位置を確立しています。 

  • ボトルドカクテル

    ボトルドカクテル

    ボトルドカクテルとは、その名の通りボトルに詰めたカクテルのこと。プロのバーテンダーがつくったカクテルを自宅にいながらにして楽しめるとあって、ここ最近日本でも注目が高まっています。ボトルドカクテルの魅力は、バーテンダーが得意とするそれぞれのスペシャリテをじっくりと味わえる点。すでに完成されたカクテルですが、ソーダ割りにするなど自由にアレンジして新しい楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。 

  • イタリアンリキュール

    イタリアンリキュール

    イタリアのリキュールといえば、薬草系のほろ苦いカンパリやオレンジが爽やかなアペロール、アーモンドの香りに似たアマレットなどが有名ですが、その他にも様々なリキュールがあります。中には、ティラミスやチーズケーキなどデザート感覚で味わえるリキュールもあり、食後酒として楽しめるものも。また、レモンを用いて作られるナポリ発祥のリモンチェッロや漢方薬にも使われるリコリス(甘草)のリキュールなど多岐にわたります。 

  • ドラムラッド

    ドラムラッド

    日本を代表するテイスティングチームによって厳選されたウイスキーを提供するプライベートブランド・カンパニー 。過去のリリース商品は全て即日完売となっています。ドラムラッドのリリース商品は、膨大な樽の中から厳選されたサンプルを豊富な経験とスキルを持つテイスティングチームによって入念にテイスティングされ、官能評価のみならず、市場の傾向、発売時期、価格帯、地域別の嗜好の違いに至るまで多角的なディスカッションを繰り返して決定されています。